デヴィ夫人がイッテQを降板!?ジャニーズ性加害で大炎上!もう見たくないと批判殺到で日本テレビも限界か

スポンサーリンク

デヴィ夫人がジャニー喜多川氏が行っていた性加害問題に言及したことで、ネットが大炎上していますね!

今までデヴィ夫人のことを好意的に見ていた人たちも

今回の件で、デヴィ夫人顔はもう見たくないと思うようになった

イッテQ辞めてほしい。見たくない

との声が続出!

デヴィ夫人は、イッテQのレギュラーで出演していますから、今後の出演がどうなるのか気になりますね!

目次
スポンサーリンク

デヴィ夫人がジャニー喜多川を全面擁護

デヴィ夫人がツイッターに投稿した内容が、現在も大炎上中です。

デヴィ夫人のツイートは5つに渡ります。

大炎上中なので、削除されることもあるかもしれないので、ここ全文記載しておきます。

皆さんはどう感じるでしょうか?

ジャニー喜多川氏の性加害問題が巷で取り沙汰されてもう長い。被害を訴える7人が「ジャニーズ性加害問題当事者の会」を結成し、国連人権理事会の「ビジネスと人権」作業部会はこの7・8月での訪日を発表。聞き取り調査を行うそうだ。日本の、一芸能事務所の問題を国際機関が調査に来るというこの事態、全く腑に落ちない。(続く)

私はジャニー氏をよく知っている。事務所の子を我が子のように愛しく大切に可愛がり、ワゴンに沢山のお弁当を載せて自ら各楽屋に配っていた。ジャン・コクトーがジャン・マレーを愛したように、そのような特別な世界、関係性というものはある。ジャニー氏は半世紀に渡って日本の芸能界を牽引し、スターを育て、その非凡な才覚で何億何千万という人々を楽しませ、夢中にさせてきた。昨今の流れは偉大なジャニー氏の慰霊に対する冒涜、日本の恥である。(続く)

既に日本中が知っている事をわざわざ世界に知らしめる必要があろうか。これが、旧ユーゴスラヴィアのセルビアやウクライナに侵攻したロシア兵による、非情な強姦致死であるとか、ミャンマーのロヒンギャ、チベット・ウイグルの女性が国軍に凌辱・強姦、乱暴された、というのなら分かる。(続く)

ジャニー氏が亡くなってから、我も我もと被害を訴える人が出てきた。死人に鞭打ちではないか。本当に嫌な思いをしたのなら、その時なぜすぐに訴えない。代わってジュリー氏が謝罪も済ませているのに、これ以上何を望むのか。(続く)

東山紀之氏は被害を訴えた元jr.たちの発言を「勇気ある告白」と表現し、「ジャニーズ」という名前の廃止についても言及した。その才能を見出し、育て、スターにしてくれたジャニー氏に対して、恩を仇で返すとはこのことではないか。非礼極まる。被害を訴えている人々は国連まで巻き込んで、日本国の日本人として、そんな権利がどこに与えられていると思っているのか。あまりにも嘆かわしく、恥ずかしい。

このデヴィ夫人のツイートに対して、ネットでは

デヴィ夫人、ボケたのか?

この発言には心底ガッカリした

という声が多く上がっています。

スポンサーリンク

現在も大炎上中、、デヴィ夫人はイッテQ降板になるのか!?

デヴィ夫人は、高視聴率のバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の数多くの人気企画に出演しています。

今回の大炎上で、

「デヴィ夫人出るなら、もう番組を見たくない」

「もうイッテQでデヴィ夫人見ても笑えない」

という声もたくさん聞こえてきています。

ワイドショー関係者によると、

「デヴィ夫人の『イッテQ』出演は、たしかに厳しくなるのではないでしょうか。今回の夫人の発言で懸念されるのは、現在、CMスポンサーがジャニー氏の問題に非常に敏感になっていることです。」

ということです。

『イッテQ』の番組スポンサーにも、外資系企業であるAmazonや、海外事業が売上収益の約55%を占めるサントリーなどが顔を並べています。

ジャニーズ性加害問題に敏感になっている現在、このように大々的にジャニーズ喜多川氏を擁護、しかもこのような偏った考え方による持論を振り翳したとなると、番組の続行は相当厳しくなるのではないでしょうか。

テレビ局側はスポンサーの意見を重視しますし、スポンサーは視聴者の意見を重視します。

世間でこのように大炎上しているので、デヴィ夫人降板の確率はかなり高いと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

イッテQを番組として好きな人たちは、デヴィ夫人にはもう出てほしくない、見たくない、という気持ちがより強いようですね!

今回のデヴィ夫人の発言は、論点が違うところが多く見られるため炎上していますが、

「こんなに知識がないとは思わなかった」

「こんなに被害者の気持ちがわからない人とは思わなかった」

という声も上がっています。

そもそも、2ch創設者のひろゆきさんは、

「デヴィ夫人なんてただの元キャバ嬢で、知性なんてない」

と自身のYouTubeチャンネルで言っています。

もしかしたら、私たちは長年テレビにより、デヴィ夫人が知的で常識的、エレガントな人物という幻想を植え付けられてきたのかもしれません。

今後も動向を見守っていきましょう。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる