【ジャニーズ崩壊の始まり】性加害問題で完全にオワコン化なの!?これからどうなる?

スポンサーリンク

ジャニー喜多川前社長の性加害問題で世間に大きな衝撃を与えたジャニーズ事務所。

藤島ジュリー景子社長が、“顔出し謝罪”したことで、さらに炎上していますね!

ジャニーズ所属タレントを起用するスポンサー企業が慎重な動きを見せる中、こんな声も聞こえてきています。

あのジャニーズ帝国崩壊の始まりだね

ジャニーズはもうオワコンだよね

実際のところはどうなのでしょうか?

本日のラインナップ
  • ジャニーズ事務所の性加害問題の影響は?
  • ジャニーズ事務所ってオワコンなの?
  • ジャニーズ事務所ってこれからどうなるの?

「知りたい!」という人に向けて情報をお伝えしますね!

目次
スポンサーリンク

藤島ジュリー社長は知らなかったって本当なの!?

5月14日、藤島ジュリー氏は、自身が出演する謝罪動画を出しました。

それと同時に、「各方面から頂戴したご質問への回答」と題した文書を公開しました。

知らなかったと言い張る藤島ジュリー氏に、批判が起こりました。

実はジャニーズ事務所は、以前も性加害で裁判を起こされたという事実があり、

その時は、藤島ジュリー氏は認めているのです。

ですが、この時はジャニーズもメディアもお互いが沈黙したため、世間に広まることはありませんでした。

スポンサーリンク

ようやく世間に知られたジャニーズ事務所の性加害問題

今までは、メディアも沈黙を続けてきましたが、岡本カウアン氏による告発が、BBCにて大きく報道され、ようやく日本国内でも知られるようになりました。

これを受けて、ようやく長らくこの問題をスルーしてきた民放のニュース番組も続々と取り上げるようになりましたね!

中でも嵐・櫻井翔がキャスターを務める報道番組『news zero』(日本テレビ系)が扱ったことは、大きな反響を呼びました。

そこではキャスターの櫻井翔が沈黙を貫いたため、世間から批判の声が上がりました。

スポンサーリンク

世間の評価を受けて、退出者が続出中!

そんな中、ジャニーズ事務所は5月16日、ジャニーズJr.内の7人組ユニット・IMPACTorsの全メンバーが、25日をもって退所すると発表しました。

これにより、ジャニーズ事務所は今月だけでも、2日に退所した元V6・三宅健、22日をもって退所するKing&Prince・平野紫耀&神宮寺勇太をあわせて10人の人気タレントを失うことになります。

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所はオワコンなの?

今回のジャニーズ事務所の性加害問題が明るみに出るにあたって、

ジャニーズはもうオワコンだよね

という声も上がっています。

ファンとしては、その内情を知ることで気持ちが離れた、許せないという人も多いようです。

スポンサーリンク

今後のジャニーズ事務所はどうなっていくの?

そんな批判が相次ぐ一方で、

タレントが被害者かもしれないのに、
事務所のせいで干されたらますますかわいそう

と心配するファンも多いようです。

ジャニーズ事務所の印象があまりにも悪くなってしまったので、タレントは全員タッキーの事務所(前副社長・滝沢秀明氏が立ち上げた会社「TOBE」)に移籍して、ジャニーズ事務所を一度崩壊させたほうが手っ取り早いのでは?などと思うファンもいるようですね。

なお、三宅やIMPACTorsは今後、タッキーの事務所「TOBE」に入所するのではないかともうわさされています。

 そんな「TOBE」は、現在新人オーディションを開催しているようで、公式YouTubeでは審査の模様を順次配信しています。

先月公開された東京会場や、今月公開された大阪会場の映像を見る限り、少年ばかりを集めており、“第2のジャニーズ事務所”を作ろうとしているのでは?という意見もありますね。

ですが、ジャニーズ事務所に所属していると、所属タレントも、起用する企業側も慎重にならざるを得ないため、実質的にはジャニーズの色を濃く受け継いでいる「TONE」に移籍するタレントが増えるのではないかと言われています。

スポンサーリンク

まとめ

ジャニー喜多川氏が故人となっている今、ジャニーズ事務所の受け継ぎにも問題があり、経営困難と言われているジャニーズ事務所。

世間での印象も悪くなる一方で、所属人気タレントが続々と退所しています。

今後、衰退から崩壊の道へ進んでいく可能性も否めないジャニーズ事務所。

ただ、ジャニーズ事務所を退所しても、人気のあるタレントももちろんいますし、性加害問題に関しては所属タレントが悪いということではありません。

これからも活躍を見守っていきたいですね!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる